店舗で融資審査

消費者金融で借り入れの融資を受けるときに審査の申し込みを行います。原則として相手方の店舗等に直接出向いて審査の申し込みを行います。必要な書類に記入をして提出することで消費者金融が審査を行うことになります。個人的な情報をすべて記載することになりますが、必要な書類等があります。身分証明書となる免許書等の提出や審査の金額によっては収入証明書もしくは所得証明の書類を添付して提出することになります。この時に必ず行われるのが、勤務先の確認になります。

無職の人は、融資を受けることができない消費者金融がほとんどなので、審査の申し込みをしたときに勤務先の確認を必ず行います。この確認をするときでもこちらが消費者金融だと相手には伝えずに確認をするので、消費者金融を利用していることが第三者に知られてしまうことを嫌がる人には安心できます。また、簡単なヒヤリングを行う時もありこの時に正直に消費者金融の担当者に伝えることと提出する個人情報も嘘偽りなく記載することが必要です。

消費者金融によっては、詳しい内容についてもないように差があるので、消費者金融によっては聞かれない項目も存在しています。問題なく審査を通過することで、初めて消費者金融から融資を受けることができます。